喫茶店で飲んでみた

ほうじ茶ラテというのをご存知でしょうか。ほうじ茶にコーヒーや紅茶と同じように牛乳を入れた飲物だ。

お茶に牛乳なんて・・・・・・と最初は思いましたが、紅茶も抹茶も緑茶もほうじ茶も、元はおんなじお茶の木なんですよね。牛乳ティーや抹茶牛乳があるのなら、ほうじ茶ラテというのもおかしくないのかもしれません。

でも、最初は牛乳や砂糖の入ったお茶なんて・・・・・・と思っていました。だが、喫茶店で飲んでみたところ、その理由にさっぱりはまってしまいました。紅茶と違って口に残る渋みのようなものがなく、軽々とした歯ごたえで、いとも呑み易いのです。

サッと家でも作れないかと試してみました。普通にお茶を淹れるのでは、牛乳にお茶の味わいが負けてしまいます。

お茶のエッセンシャルオイルも生かしつつ、牛乳のまろやかさも出したいのですが、どうしても賢くいきません。牛乳に合う紅茶というのは、単体で飲むととても味わいが濃く作風が著しいものです。

ほうじ茶も濃い目に淹れるって、牛乳に負けないおいしいほうじ茶ラテになりました。

今では皆目ほうじ茶ラテのとりこだ。濃い目に淹れたほうじ茶に牛乳を取り混ぜるだけなので、至極簡単です。ほうじ茶ラテプリンなどの派生レシピもあり、ペラペラ試してみるのが楽しみです。
自己破産 弁護士 兵庫県尼崎市