思い出深いカフェ

隅田川にかかる厩橋、その台東区そばのたもとに、ちっちゃなカフェがありました。

父がその店舗の標準で、当時小学校だった私も時たま連れて行って貰っていました。

児童ですから渋いコーヒーではなく、飲み物を呑むのですが、でも時折大人ぶってコーヒーをオーダーしたものです。とは言っても砂糖を思い切り入れて軽々しくして飲んでたんですが。

そのカフェも10時期ほど前に廃業してしまいました。けれどもそのコーヒーが、わたくしにとってはコーヒーの源だったのです。

そうしたら色々なお店舗でコーヒーを呑みました。それなりに美味いコーヒーはありましたが、あのカフェの味わいという感じはありませんでした。

こんなある日、入谷の路地裏にある古ぼけたカフェに何の意思無しに入ってみました。残余想定をせずコーヒーを口にしてみると、ちょっと思い出深い味わいが行う。

もしかしてとして、砂糖をたっぷりと入れてみました。すると、あの思い出深いカフェのコーヒーの味わいが口の中に広がってきたのです。

名人のお喋りを伺いましたが、あのカフェのことは知らないそうで、何一つの無縁そうです。でも耳よりの種類って売り手を教えてくださいましたので、次回買いに行って自宅で淹れてみようと思います。

思わぬところで思い出深い味わいといった再会できた一日でした。
自己破産 弁護士 大阪市